読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every Photograph Has the Story.

写真のこと。家族のこと。家のこと。

レイクビューTOYAに一泊!洞爺湖でくつろいできた!

こどもの出生前に夫婦で洞爺湖

f:id:EPHS:20160211005713j:plain

今年の5月に子供が生まれる予定で、その前に温泉にでもつかりたいね、なんて夫婦で話していました。

候補は洞爺湖か美瑛か。

美瑛なら、宿泊先は「森の旅亭 びえい」。すごく良さそうですが、リサーチしてみると、部屋もあまり広くなく、ピンとこない印象。

そして美瑛は今年夏に一度訪れており、2月の天候はいまいちで晴天率はかなり低い。

そんなわけで、ほぼ独断で洞爺湖へ出かけることに。

帰路で支笏湖に寄って、「氷濤祭り」を楽しんできました。

 

乃の風 レイクビューTOYA 所感

こちらに宿泊しました。北海道ではよくテレビCMで見かけますね。

改めてHPなどで確認すると、実は?すごく魅力的な宿でした。外観があまりスタイリッシュな感じしないので、当初はそんなに良い印象があったわけではありませんでした。

泊まった後に考えてみると、テレビCMの作り方はちょっとおざなりと思えてしまうくらい。もう少しアピールの仕方あるんじゃなかろうか…色々とウリはあるのに。

【公式】洞爺湖温泉 ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート|野口観光|北海道の温泉宿

お部屋

スパリゾート館」と「乃の風倶楽部」という二棟に分かれているようで、「乃の風倶楽部」が少し金額高めでラグジュアリーな感じです。「乃の風倶楽部」のスタンダード和洋室に宿泊しました。スタンダードでも部屋面積は52平米で、なんといっても眺望が最高です。

湖畔に建っているので、部屋の窓からまるっと洞爺湖を眺めることができます。

f:id:EPHS:20160211005242j:plain

f:id:EPHS:20160211005541j:plain

f:id:EPHS:20160211005755j:plain

 

部屋に入って間もなく、カモメが出迎えてくれました(笑)

湖でもカモメっているんですね。結構な数のカモメが飛び交っていました。

f:id:EPHS:20160211005410j:plain

お料理

料理は宿泊プランによっていくつか種類がありますが、今回はスタンダードなビュッフェで。いやーこれも素晴らしかった。もっと写真撮ればよかったな。

和洋中の種類があり、多彩で目も舌も楽しませてくれる申し分のないものです。

料理が美味しいとリピート率が格段と上がるってもんです。

f:id:EPHS:20160211010259j:plain

 

f:id:EPHS:20160211010031j:plain

f:id:EPHS:20160211010030j:plain

f:id:EPHS:20160211010033j:plain

f:id:EPHS:20160211010024j:plain

 

こちらは朝食ビュッフェ。

おばあちゃんの作るおにぎりが絶品だから、絶対食べて!

f:id:EPHS:20160211013747j:plain

 
お風呂

部屋にはシャワーのみ。バスタブはありません。宿泊プランによっては、露天風呂付きのお部屋もありますが満室でした。。。

嫁が妊娠7か月ということでお腹も目立つので、有料の貸切露天風呂を予約。

50分で3,000円也。客室が満室だったこともあり、貸切風呂の空いてる時間がチェックイン翌日の朝6時のみ…やむを得ず、その時間で予約しました。

ちょうど夜が明ける時間帯で、青みがかった景色にうっとりしました。

f:id:EPHS:20160211010703j:plain

その後、テレビCMでも推している天空露天風呂「Tenqoo」へ。

アレです、シンガポールの有名なホテル「マリーナベイサンズ」の屋上プール的なやつ。これがもう、言葉にならないくらい素晴らしい。洞爺湖一望です。

あいにく曇りでしたが、晴天の日にはもう、夜は満天の星空、朝は日の出トワイライトと絶景まみれだと思いますよ。あ~悔しい。天候を恨みます。

最高の露天風呂につかりながら、風に吹かれ、ただただ絶景に呆然とするだけでしたが、それだけで心の底から癒された気がします。

 

サービス

サービスは極上とは言えませんが、普通に満足できるレベルだと思います。いやな思いをすることはありませんでした。

が、やはりアジア系観光客が多く、印象としては約7~8割が中国か台湾系の方々。

そのため、スタッフに中華系の方もいましたが、勝手の違う外国の方への対応ということで、チェックイン手続きに待たされて約30分もかかり辟易・・・。不満はその点だけでしょうか。明らかに受付スタッフが少ないと思います。その後、部屋まで案内するといわれて待たされかけましたが、時間がかかるのなら自分で荷物を運ぶからと鍵を預かり部屋に向かいました。

 

宿泊している間、私たちの場合はマナーの悪い外国人観光客を目にすることはなく、むしろ好ましい印象すら受けました。例えば、写真を撮っていても先に譲ってくれたり、エレベーターでも「sorry」という一言があったり、エレベーターの乗降をエスコートしてくれたり。嫁と二人で交互に写真を撮っていたら、写真を撮ってくれる方もいらっしゃいました(マレーシアの方っぽい)。

ホテルが比較的良かったからなのかわかりませんが、先入観はいけないなと思いました。

f:id:EPHS:20160211012754j:plain

チェックアウト時も混雑が予想されるので、朝食後に先にチェックインカウンターで精算して、チェックアウトは鍵を渡して車のキーを受け取るというかたちにすれば、

受付に並ばなくてもいいと思われるのでお勧めです。

 

冬花火

洞爺湖では毎年2月の初旬に2週間程度?毎日冬花火を打ち上げています。土日祝日だと打ち上げ数も多いみたいですね。

レイクビューTOYAは打ち上げポイントのすぐ目の前なので、部屋にいながら花火を楽しめます!時間にして5分程度だったと思いますが、良かったです。

外にはほかのホテル等の宿泊客が集まってきている中、部屋の中でまったりと花火を鑑賞できるのは贅沢ですね。

f:id:EPHS:20160211013144j:plain

f:id:EPHS:20160211013246j:plain

 

 イルミネーショントンネル

洞爺湖温泉街のすぐそばに、イルミネーショントンネルがあります。

規模としてはちっぽけだと思いますが、それでもすごく綺麗。自分も含め、観光客の方も一生懸命写真を撮ったり、歓声をあげてました。

f:id:EPHS:20160211013509j:plain

f:id:EPHS:20160211013531j:plain

f:id:EPHS:20160211013613j:plain

f:id:EPHS:20160211013641j:plain

 

こどもが生まれて、いつかまた来たい、泊まりたいと思える素晴らしい場所でした。

f:id:EPHS:20160211100005j:plain