読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every Photograph Has the Story.

写真のこと。家族のこと。家のこと。

マタニティフォトやってみました。

嫁も明日から臨月となり、マタニティフォト撮りたいねって話してました。

 
ただ、フォトスタジオでの撮影となると云万円もかかるんですよね。思い出としては魅力的なんですが、色々と物入りとなりますので、自宅で撮ってみました。諸々で1万円かからないし、楽しかったです。
f:id:EPHS:20160501143413j:image

 

揃えたアイテム

まずはダイソーで造花を大量買い。
約5000円也。使い終わったらリビングやダイニングで使えますし。色味は割と淡めを中心にして、何本かをビビッドに。
f:id:EPHS:20160501112718j:image
 
さらにその造花を使って花冠を作成。
この辺は嫁が得意なので、作ってもらいました。
100円造花で作ったとは思えない出来かも。
鉢周りの大きさを変えられるように、リボンで調整できるようにしてます。
f:id:EPHS:20160501141532j:image
 
そして、フォトプロップス。
厚紙を印刷して作成。こちらも嫁作。手前味噌ですが、なかなかのクオリティです。
紙コップも100均でオシャレなの売ってます。
f:id:EPHS:20160501113026j:image
 
あとは、自宅にあった小物類。
 
f:id:EPHS:20160501155703j:image
f:id:EPHS:20160501160134j:image
 
最後に衣装。
これはネットで購入。約3000円也。
縫製も雑な感じでしたが、マタニティフォトで粗が目立つ程ではないので、気にせず。
 
 
スタジオと違って、背景にバリエーションがありませんが、そこは割り切って。
チープかも知れませんが、アットホームなマタニティフォトが出来。