読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every Photograph Has the Story.

写真のこと。家族のこと。家のこと。

ニューボーンフォト。

生後3〜4週間までの新生児のうちに記念写真を撮る、いわゆるニューボーンフォトがブーム、というかすでに流行ってるのでしょうか。カメラスタジオの撮影メニューを見ると結構あるし、インスタとかでも専門に撮ってるカメラマンもいますね。

 

が、やはりお値段は万単位。そんなお金はないし、せっかく機材はあるんだから、息子で練習?しながらセルフで撮ることにしました。

 

 

撮影準備

マタニティフォトで撮影した時に買った造花が大量にあるので、それを利用することに。

あとは、下に敷くための端切れ布などを安く購入。500円とかでした。ほかにも自宅にある小物や雑貨を利用すればそれなりに撮れました。

ただ、色々小物を詰め込みすぎるとうるさくなるから、なるべくシンプルにした方がいいかもしれません。

 

撮影

やはり赤ちゃんは背景を窓側などにして逆光で背景を飛ばした方が、柔らかい雰囲気が出ると思います。斜光でも陰影がつくからいいですね。

流石にプロのようには行きませんが、それなりに満足できる写真が撮れました。

 

100円造花で囲むようにして撮影。着衣をもう少し考えればよかった。

f:id:EPHS:20160825073404j:image

こちらは窓を背にして逆光、飛ばし気味にしてみました。

f:id:EPHS:20160825073419j:image

f:id:EPHS:20160825073449j:image